top of page
  • jartecinc

ガルバリウム横葺きの全て!特徴や注意点をご紹介!

新築を検討中の方にとって、外観デザインは大きな要素です。

特にガルバリウムの横葺きは、その独特の美しさと機能性で注目を集めています。


しかし、その美しいデザインには一定の制約も存在します。

この記事では、ガルバリウム横葺きの魅力とその裏側、施工の際の注意点について詳しく解説します。




□ガルバリウム横葺きの基本とは


*横葺きの特性


ガルバリウムの横葺きは、屋根材を平行に配置する工法であり、その結果として横縞のデザインが生まれます。

このデザインは多種多様で、住宅の形状や好みに合わせて選べる自由度が高いのです。


さらに、この工法は神社や洋風の住宅など、多様な建築物にも適用されています。

その多様性は、フラットな形状から曲線まで、多くの屋根形状に対応しています。

このような特性から、ガルバリウム横葺きは多くの建築家やデザイナーからも高い評価を受けています。


*施工の制約


横葺きには一定の制約があります。

具体的には、傾斜が3.0寸以下の屋根には施工ができません。

この制約があるため、傾斜が緩い屋根には適用できないのです。


傾斜が3.0寸以下の場合、雨水が逆流し、雨漏りのリスクが高まる可能性があります。

このような制約があるため、ガルバリウム横葺きを選ぶ際には、その制約をしっかりと理解し、計画を進める必要があります。


□ガルバリウム横葺きの魅力と注意点


1.デザインの多様性


ガルバリウム横葺きは、そのデザインの多様性が魅力の一つです。

神社から洋風住宅まで、その適用範囲は広く、外観デザインに大きな影響を与えます。


特に、大きな勾配の屋根では、その美しさがより一層際立ちます。

この多様性は、素材やカラーバリエーションとの組み合わせでさらに拡がりを見せます。


2.施工の制限


一方で、この工法には施工の制限があります。

緩い勾配の屋根には適用できず、その場合は他の工法を選択する必要があります。

緩い勾配の屋根は、室内空間を広く確保するメリットがありますが、このメリットを享受できません。


勾配が大きい屋根は外観デザインを強調できる一方、緩い勾配の屋根は室内空間を広く確保できるという、それぞれの特性を理解することが重要です。


□まとめ



ガルバリウム横葺きは、その独特の美学と多様性で多くの住宅オーナーから注目されています。


しかし、傾斜が緩い屋根には適用できないため、その点を考慮した上で選択することが重要です。

徳島市を中心に鳴門市・小松島市・阿南市周辺で家づくりをお考えの方は、ぜひ当社にご相談ください。

閲覧数:17回0件のコメント

Comments


bottom of page