top of page
  • jartecinc

屋根の葺き替えのメリットとは?瓦屋根を葺き替えるタイミングを解説!

屋根は、家を守る重要な要素の1つです。

特に瓦屋根は、その見た目の美しさだけでなく、耐久性や防災面でのメリットが大きいとされています。

しかし、どんなに優れた材料でも、年月と共に劣化は避けられません。

特に、屋根瓦の葺き替えについて考えるタイミングは必ず訪れます。

この記事では、屋根瓦葺き替えのメリットと、葺き替えを行うべき適切なタイミングについて解説します。



□屋根葺き替えのメリットとデメリット


屋根葺き替えは、ただ単に新しい瓦に交換する以上の意味を持っています。

それでは、具体的なメリットとデメリットを見ていきましょう。


*2つのメリット


1:下地の確認と補修が可能


葺き替え工事では、屋根の下地もしっかりと点検し、劣化している部分を補修できます。

これにより、雨漏りのリスクを減らし、家全体の耐久性を高められます。


2:自然災害からの保護


屋根全体をリフォームすることで、雨漏りや台風等の自然災害から家を守れます。

特に、軽量の素材に葺き替えることで、地震時の安全性も向上するのです。


*費用面でのデメリット


屋根の葺き替えでは、既存の屋根材を撤去し、新しい材料を購入する必要があるため、費用がかかります。


しかし、長期的に見れば、部分的な修理を繰り返すよりもコストパフォーマンスは高いといえます。


□瓦屋根葺き替えのベストタイミング


瓦屋根はその耐久性の高さで知られていますが、それでも経年劣化や自然災害などの外的要因により、時として葺き替えが必要です。

瓦屋根の葺き替えのベストタイミングは、大きく2つに分けられます。


1:雨漏りが発生した時


雨漏りは、瓦屋根にとって最も一般的で深刻な問題の1つです。

雨水が家の内部に浸入することで、木材の腐食やカビの発生など、建物全体の損傷につながります。

特に、瓦の下にある防水シートの破損や劣化が原因である場合、早急に葺き替えが必要です。


このような状況を放置すると、修理費用が増大するだけでなく、家の寿命を縮める結果となりかねません。


2:定期的な点検での劣化の確認時


瓦そのものの耐久性は高いものの、屋根全体を構成する部材の中には、劣化が進行しやすいものも存在します。

地域や環境によって差はありますが、和瓦であれば50年以上持つことがありますが、雨漏りのような目に見えるトラブルがなくても、新築から20〜30年経過したら一度点検を行うことがおすすめです。


特に、瓦のずれや破損が目視で確認できない場合でも、プロの点検によって隠れた問題点を発見できることがあります。


□まとめ


屋根瓦の葺き替えは、見た目の美観だけでなく、家全体の安全性を高めるためにも重要な工事です。

メリットとデメリットを理解した上で、適切なタイミングで葺き替えを行うことが、長期的に安心して暮らすための鍵となります。

小松島市を中心に、鳴門市・徳島市・阿南市周辺に瓦屋根の建物を所有している方で、お困りの方がいらっしゃれば、お気軽に当社までご相談ください。

閲覧数:11回0件のコメント

Comments


bottom of page