top of page
  • jartecinc

金属屋根の種類を解説!おすすめの選び方もご紹介!

屋根や外壁のリフォームは、家の美観と安全性を左右する重要な要素です。

特に金属屋根は耐久性とデザイン性の高さから、多くの方に注目されています。


しかし、種類が多く、どれを選べば最適か迷う方もいるのではないでしょうか。

今回は、金属屋根の主な4種類と、それぞれの特徴を活かしたおすすめの選び方をご紹介します。




□金属屋根の種類を紹介します!


金属屋根はその種類によって特性が異なり、それぞれに最適な用途があります。

ここでは、主な4種類の金属屋根について紹介します。


1:メッキ鋼板


メッキ鋼板は、国内で最も普及している金属屋根素材です。

鉄を亜鉛やアルミの合金で保護し、錆びにくくしています。

このカテゴリーにはガルバリウム鋼板やエスジーエル鋼板、トタンが含まれます。

これらはいずれも、軽量で耐震性に優れ、特にガルバリウム鋼板はその耐久性で人気です。


2:ガルバリウム鋼板


ガルバリウム鋼板は、亜鉛とアルミからなる合金で鉄を保護した素材です。

耐久性に優れ、軽量であるため、金属屋根の普及に大きく貢献しました。

戸建て住宅のリフォームにも多く用いられています。


3:エスジーエル鋼板


エスジーエル鋼板は、ガルバリウムにマグネシウムを加えたもので、さらに耐久性が向上しています。

特に海岸近くなど錆びやすい地域での使用に適しています。


4:トタン


かつては金属屋根の主流であったトタンですが、現在では使用頻度が減少しています。

錆に弱く、定期的なメンテナンスが必要なためです。


□屋根はどのように選べば良い?


金属屋根を選ぶ際には、コストやデザイン、耐久性など様々な要素を考慮する必要があります。

ここでは3つのおすすめの選び方をご紹介します。


*コスパ重視ならガルバリウム鋼板


コストパフォーマンスを重視するなら、ガルバリウム鋼板が最適です。

耐用年数は20年以上で、費用と耐久性のバランスが取れています。


*デザイン性や耐久性を求めるならジンカリウム鋼板


デザイン性と耐久性にこだわるなら、ジンカリウム鋼板がおすすめです。

耐用年数は30〜50年と非常に長く、塩害にも強いため、海沿いでも優れた性能を発揮します。


*大型物件にはステンレス


大型物件には、ステンレスがおすすめです。

耐食性に優れ、長期間の耐久性があります。

メンテナンスの手間も少なく、ランニングコストを抑えられる点が魅力です。


□まとめ


金属屋根は種類によって特性が異なるため、リフォーム時には目的に応じた素材選びが重要です。

ガルバリウム鋼板、ジンカリウム鋼板、ステンレスといった素材は、それぞれコスト、デザイン、耐久性の面で優れています。


今回紹介した選び方を参考に、理想的な金属屋根を選んでみてください。

当社では、小松島市を中心に鳴門市・徳島市・阿南市周辺に多種多様な建物の建築板金ニーズにお応えします。

お困りの方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:8回0件のコメント
bottom of page