top of page
  • jartecinc

ガルバリウム外壁のメンテナンス方法は?メンテナンス検討時期についてもご紹介!

ガルバリウム外壁はその耐久性と美観で多くの住宅で採用されています。


しかし、長期間の使用による劣化は避けられず、適切なメンテナンスが不可欠です。

この記事では、ガルバリウム外壁のメンテナンスの検討時期と方法について解説します。

ガルバリウム外壁を長持ちさせるためのポイントを、具体的な症状と対処法とともにご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。




□ガルバリウム外壁はいつメンテナンスするべき?


ガルバリウム外壁のメンテナンス時期は、見た目の変化や物理的な損傷によって異なります。

特に注意すべき主な症状は以下の通りです。


1:コケやカビ


コケやカビが発生すると、外壁の塗膜が劣化し、汚れが付きやすくなります。

これらの症状が見られたら、塗装のメンテナンスを検討しましょう。


2:チョーキング


外壁が白く粉を吹くチョーキングは、塗膜の劣化のサインです。

手で触ると白い粉が付く場合、塗装の更新が必要です。


3:錆び


ガルバリウム鋼板の錆びは、赤錆び、もらい錆び、白錆びなどさまざまです。

これらの症状が見られた場合、早急に塗装メンテナンスが求められます。


4:シーリングの劣化


外壁のつなぎ目に使用されるシーリング材の劣化は、雨漏りの原因です。

シーリングの隙間や切れ目を確認し、必要に応じて補修しましょう。


5:釘浮き


屋根材の釘浮きは、雨水の浸入や板金の脱落を招くため、早期の対処が必要です。


これらの症状に加え、立地条件によるメンテナンス時期の早まりにも注意が必要です。

特に海沿いや塩害の影響を受けやすい地域では、定期的なチェックと早めのメンテナンスが推奨されます。


□ガルバリウム外壁のメンテナンス方法


ガルバリウム外壁のメンテナンスには、主に以下の方法があります。


*定期的な洗浄


外壁全体を定期的に洗浄することで、汚れやコケの付着を防ぎます。

家庭用ホースやスポンジを用いて優しく洗い流しましょう。

汚れがひどい場合は、外壁専用の洗剤を使用することも効果的です。


*外壁塗装


ガルバリウム外壁材は高い耐久性を誇りますが、長期間の使用による塗膜の劣化は避けられません。

塗装は一般的に新築から、または前回の塗装から10年程度で検討することが望ましいです。


□まとめ


ガルバリウム外壁のメンテナンスは、家の美観と機能を維持するために欠かせません。

定期的な洗浄や塗装の更新によって、外壁の耐久性を高め、長期にわたり快適な住環境を保ちましょう。

また、立地条件や使用している外壁材の種類によってメンテナンスの時期や方法が異なるため、定期的な点検と適切な対応が重要です。

小松島市を中心に鳴門市・徳島市・阿南市周辺にお住まいで外壁塗装を検討されている方は、ぜひ当社までお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:1回0件のコメント
bottom of page