top of page
  • jartecinc

スレート屋根再生への新提案!カバー工法で叶える耐久性と美観

建物のスレート屋根が年月と共に傷み、リフォームを検討している方々に向けて、今回は革新的な屋根リフォーム方法として「カバー工法」を提案いたします。

特に小松島市を中心に鳴門市、徳島市、阿南市周辺にお住まいで、耐久性と美観を兼ね備えた屋根リフォームをお探しの建物所有者の方々に、この新しい提案が最適な選択肢となるでしょう。



□スレート屋根のリフォーム選択肢:葺き替えとカバー工法の比較


スレート屋根が老朽化した際には、主に「屋根葺き替え」と「屋根カバー工法」の2つのリフォーム方法があります。


ここでは、それぞれのメリット、適用条件、そして考慮すべき点を解説します。


1:屋根葺き替え


メリットとしては、スレート屋根を全て撤去し、新しい屋根材で葺き直すため、雨漏りといった問題を根本から解決できることが挙げられます。

適用条件は、20年以上メンテナンスをしていない、広範囲の雨漏りがある、長期間住み続ける予定のある建物などです。


ただし、費用が高額になりがちであることには注意が必要です。

特に、アスベスト含有スレートの撤去は、処分費も高くつきます。


2:屋根カバー工法


メリットは、既存の屋根材の上に新しい屋根材を重ねるため、工期が短く、コストを抑えられることが挙げられます。

適用条件としては、スレートや防水紙は傷んでいるが、重ねても耐久性が見込める場合が対象となるでしょう。


しかし、下地の劣化が進んでいる場合は適用できないので、気をつけましょう。


□ガルバリウム鋼板を用いたカバー工法の魅力


ガルバリウム鋼板を使用した屋根カバー工法は、耐久性、軽量性、施工のメリットにおいて優れた選択肢です。

ここでは、ガルバリウム鋼板の注目すべきポイントを紹介します。


1:耐久性に優れる


ガルバリウム鋼板は、アルミニウムと亜鉛の合金でコーティングされており、サビに強く長期間にわたり屋根を保護します。


2:軽量で施工が容易


軽量ながら高い強度を持つため、建物への負担が少なく、耐震性の向上にも寄与します。


3:美観の向上


スタイリッシュで現代的な外観を実現し、建物全体の印象を一新させます。


□まとめ


スレート屋根のリフォームには、葺き替えとカバー工法の2つの主要な選択肢があります。

ガルバリウム鋼板を用いたカバー工法は、その耐久性、軽量性、そして美観の向上という点で特に魅力的なオプションです。

屋根リフォームに関して何か気になることがある方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

閲覧数:2回0件のコメント

Comments


bottom of page