top of page
  • jartecinc

レンガ調タイルのおすすめポイントと工法をご紹介します!

住宅の外壁は、その家の顔とも言える重要な要素です。

特に屋根・外壁・雨樋の工事を検討している方々にとって、デザインと機能性のバランスは欠かせないポイントではないでしょうか。

今回は、特にレンガ調タイルの魅力とその工法について解説します。




□レンガ調タイルのおすすめポイント


レンガ調タイルの導入は、外壁のデザイン性と機能性を高める絶好の選択肢です。

以下のポイントでその理由をみていきます。


1:質感と耐久性


レンガ調タイルは、本物のレンガと同等の質感を持ちつつ、サイディングよりも耐久性が高いのが特徴です。

天然レンガの風合いをそのままに、長期間にわたって外壁を美しく保てます。


2:工期とコストの軽減


本物のレンガ積みに匹敵するクオリティと耐久性を持ちながら、工期とコストを削減できるのも大きな魅力です。

効率化された施工手順により、少ない手間とコストで高品質な外壁が完成します。


3:一貫性のあるデザイン


レンガ調タイルは製造工程でサイズや色のバラつきが少ないため、スタイリッシュで統一感のある外観を実現できます。

特に現代的なデザインを好む方には最適な選択です。


4:軽量化と清潔性


本物のレンガに比べて薄く軽量なレンガ調タイルは、建物全体の重量を削減し、構造上の負担を軽減します。

また、親水機能により汚れが付きにくく、常に清潔な外観を維持しやすいです。


5:メンテナンスの容易さ


目地を無くせるレンガ調タイルは、メンテナンスの手間を大幅に削減します。

白華や風化の心配も少なく、美しい外観を長期間維持できるのが特徴です。


□レンガ調タイルの工法は2種類


レンガ調タイルの施工には、湿式と乾式の2種類の工法があります。

それぞれの特徴をみていきましょう。


*レンガ調タイルの湿式工法


湿式工法は、外壁に直接レンガ調タイルを貼り付ける方法です。

接着剤を使用し、外壁だけでなく内壁の装飾にも利用されます。

この方法は、本物のレンガのような質感を実現しやすく、施工も比較的簡単です。


*レンガ調タイルの乾式工法


乾式工法では、サイディングボードにレンガ調タイルを取り付けます。

この方法は、タイルを一つずつ独立して設置できるため、配色の自由度が高く、独自のデザインを実現しやすいです。

また、必要に応じてタイルの交換が容易で、メンテナンスもしやすいです。


□まとめ


レンガ調タイルは、外壁を美しく保ちながら、コストとメンテナンスの労力を削減できる優れた材料です。

屋根・外壁・雨樋の安全な工事を検討している方々にとって、レンガ調タイルは理想的な選択となるでしょう。

外壁のリニューアルを考える際は、これらのポイントを参考にしてください。


当社では、小松島市を中心に鳴門市・徳島市・阿南市周辺に多種多様な建物の建築板金ニーズにお応えしているので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

閲覧数:24回0件のコメント

Comments


bottom of page