top of page
  • jartecinc

屋根の葺き替えの意味とそのメリットを解説!

家を所有するというのは、多くの人にとって一生に一度の大きな投資です。

その家を長持ちさせるためには、屋根のメンテナンスが欠かせません。


しかし、屋根の「葺き替え」について、その意味やメリット、必要性を正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。

この記事では、屋根の葺き替えが何であるか、そのメリットを詳しく解説します。




□屋根の葺き替えの意味とは?


*葺き替えの本質


「葺き替え」とは、古い屋根材を取り除き、新しい材料で覆い直す作業を指します。

この作業は、屋根の仕上げ部分だけでなく、下地まで交換する場合もあります。


つまり、葺き替えとは単に屋根の「表面」を変えるだけではなく、その「骨格」まで新しくすることも含まれるのです。

この点を理解することで、葺き替えの重要性とその範囲が明確になります。


*葺き替えの歴史


かつては、屋根は茅葺きなど、草を用いて仕上げられていました。


しかし、現代では陶器瓦やガルバリウム鋼板など、多種多様な材料が用いられています。

このような新しい建材を用いて屋根を覆う行為も、葺き替えと呼ばれます。


*葺き替えの範囲


葺き替えは、屋根材だけでなく、その下に敷かれる防水シートなども含む場合があります。

例えば、「ルーフィングを葺く」という表現が使われることもあります。


このように、葺き替えと一口に言っても、その範囲は広いのです。


□葺き替えの3つのメリット


1.家の寿命を延ばす


葺き替えを行うと、屋根そのものが新造されます。

これにより、家を風や雨から守る機能が向上し、結果的に家そのものの寿命が延びるのです。


新しい屋根材と下地を用いることで、家全体の耐久性が高まります。


2.外観を一新する


屋根は家の外観に大きな影響を与えます。

新しい屋根材を用いることで、家の印象が大きく変わるのです。


素材を変えるだけでなく、色や形状を工夫することで、さらに個性的な外観にすることも可能です。

屋根の素材や色を変えることで、家全体の印象がガラリと変わるのです。


3.耐震性を向上させる


葺き替えによって軽い屋根材を選ぶことで、家の耐震性が向上します。

特に、瓦屋根から金属屋根など軽い材料に変更すると、その効果は顕著です。


耐震性を高めることで、地震の際のリスクを減らせます。

軽い屋根材に変更することで、家全体の重心が低くなり、その結果、耐震性が向上するのです。


□まとめ


屋根の葺き替えは、家の寿命を延ばす、外観を一新する、耐震性を向上させるといった多くのメリットがあります。


しかし、その作業内容は一口に言っても多岐にわたるため、しっかりと理解しておくことが重要です。

この記事を参考に、より賢い屋根のメンテナンスやリフォームを行いましょう。


徳島市を中心に鳴門市・小松島市・阿南市周辺に家を建てたいという方は、ぜひ当社にご相談ください。

閲覧数:7回0件のコメント
bottom of page