top of page
  • jartecinc

屋根カバー工法とは?メリットについて解説します!

屋根のリフォームや修理は、家の持ち主にとって重要な決断の一つです。

特に、コストや工事期間、効果に気を払う方にとっては、選択肢が多すぎて迷うことも少なくありません。


そこで今回は、屋根リフォームの選択肢である「屋根カバー工法」に焦点を当て、その魅力と特性を詳しく解説します。

この記事を読むことで、屋根カバー工法がニーズにどれほどマッチするのか、その価値を明確に理解できるでしょう。




□屋根カバー工法の基本とは


*ガルバリウム鋼板屋根材が主流


屋根カバー工法とは、既存の屋根に新しい屋根材を重ねる手法であり、この工法でよく用いられるのがガルバリウム鋼板屋根材です。


その軽さが特徴であり、瓦屋根以外のスレート屋根や金属屋根、アスファルトシングル屋根にも適用可能です。

このように、ガルバリウム鋼板屋根材は、その多機能性と適応力で屋根カバー工法の現在の主流です。


*施工手順のシンプルさ


屋根カバー工法の施工は、既存の屋根を高圧洗浄できれいにし、その上に新しい屋根材を重ねるというシンプルな手順です。

棟板金の撤去を行い、ルーフィングを張った後、新しい屋根材を施工します。

このような簡潔な手順が、工事期間の短縮やコスト削減につながるのです。


□屋根カバー工法の主なメリット


1.工事費用の効率性


屋根カバー工法は、既存の屋根材を活用するため、撤去費用や廃材処分費用がほぼ発生しません。

この結果、総工事費が抑えられます。

特に、棟板金や貫板のみを処分するケースが多く、その他の費用は大幅に削減可能です。


2.工事期間の短縮


屋根カバー工法は、解体や撤去が少ないため、工事期間が短くなる可能性が高いです。

例えば、葺き替え工法で10日かかる場合でも、この工法ならおおよそ7日で完了することが多いです。

これは、騒音や人の出入りによるストレスを最小限に抑えるという点でも大きなメリットです。


3.屋根の性能向上


屋根カバー工法では、断熱性の高い屋根材を用いることで、屋根の断熱効果が高まります。

これにより、冷暖房の効率が上がり、エネルギーコストも削減できます。

また、防音性も向上し、雨音などの外部ノイズが軽減されます。


4.安全性の確保


この工法は、解体工事が少ないため、アスベストの飛散リスクが低いです。

また、屋根の構造材に手を加えることがないため、構造材が傷むリスクもほぼないと言えます。


□まとめ


屋根カバー工法は、コスト効率、工事期間の短縮、屋根性能の向上、安全性の確保といった多角的なメリットを持っています。

これらの特性を理解し、自分のニーズに合ったリフォームや修理を行うことで、より快適な住まいを手に入れる道が開かれるでしょう。

徳島市を中心に鳴門市・小松島市・阿南市周辺に家を建てたいという方は、ぜひ当社にご相談ください。

閲覧数:9回0件のコメント
bottom of page