top of page
  • jartecinc

屋根工事の工程と日数はどれくらい?日数が長くなるケースとは?

屋根工事を検討している方で、工事の期間や工程についての情報を知りたいと考えている方は多いでしょう。

屋根工事における日数や工程の詳細についての理解を深めることは、計画と準備を効率的に進めるために重要です。

そこで今回は、屋根工事の一般的な期間と主要工程について解説します。




□屋根工事の基本工程と日数は?


屋根工事は、さまざまな工程を経て行われます。


1:足場の組み立て


足場の組み立ては、屋根工事を始める上で最初のステップです。

高所での作業が主となるため、安全を確保する目的で設置されます。

この工程は、一般的に約1日かかります。


2:古い屋根材の撤去


屋根の上の古い材料を取り除く作業です。

日本瓦やスレート瓦などが撤去され、約1日を要します。


3:下地の張り替え


屋根の下地である野地板の状態によって、作業内容が変わります。

傷みが少なければ、既存の下地の上に合板を重ねる増し張りで対応し、約半日かかります。


しかし、野地板の劣化が激しい場合は、張り替えが必要となり、約1日が必要です。


4:ルーフィング


防水シートを野地板の上に張る作業で、約半日程度で完了します。


5:屋根材の取り付け


屋根材を取り付ける作業で、約2日かかります。

同時に雨樋の取り換えや雪止めの設置を行う場合、所要日数は延びる場合があります。


6:足場解体と清掃


最後に足場を解体し、工事で生じたゴミを清掃します。

この工程にも約1日かかります。


以上の工程を経て、屋根工事は完了します。

一連の工程は、約1週間で行われることが多いです。


□工事期間を延ばす可能性のある6つのケース


1:天候不順


突然の雨や雪が工事を中断させる場合があります。

安全な作業環境を確保するため、悪天候時は作業ができません。

計画された作業日数が増加し、全体のスケジュールに影響を及ぼします。


2:屋根の勾配


急勾配の屋根では、安全対策により作業効率が低下します。

作業員の移動が困難になり、作業時間が長くなるからです。


3:屋根面の数


複雑な形状や多くの屋根面を持つ家は、工事の難易度が高い傾向があります。

各屋根面ごとに異なる手法を適用する必要があるため、単純な屋根構造よりも時間と労力がかかるのです。


4:下屋根の有無とサイズ


下屋根がある場合、追加の作業が必要となり、工期の延長につながります。

大きな下屋根は作業スペースを狭め、作業効率を低下させます。

下屋根へのアクセスの難易度が高い場合、特別な対策が必要です。


5:駐車場や周囲の道路環境


駐車場や道路の状況が悪いと、材料の搬入が困難になります。

特に幹線道路沿いでは、作業スペースが狭いため、効率的な作業が難しくなります。


6:屋根の劣化状況


既存の屋根材が著しく劣化している場合、予想外の追加工事が発生します。

雨漏りの修理や強度補強など、予定外の作業が必要になることも。

劣化の程度によっては、計画された工程の見直しが必要です。


□まとめ


屋根工事は、多くの工程を経る複雑な作業です。

基本の工程と所要日数を知ることは、効率的な計画と準備に役立ちます。

また、工事期間が延びる可能性のあるケースを理解することで、より具体的にかかる期間をイメージしましょう。

小松島市を中心に鳴門市・徳島市・阿南市周辺に住宅を所有している方は、この情報を屋根工事に役立ててくださいね。

閲覧数:10回0件のコメント

コメント


bottom of page