top of page
  • jartecinc

洋瓦補修のポイントをご紹介!種類別特徴と実践的修理方法

洋瓦の屋根は、その美しい見た目と機能性で多くの建物に採用されています。


しかし、時が経つにつれ、瓦の補修が必要になることもあるので注意が必要です。

この記事では洋瓦の魅力と、効果的な補修方法を解説します。

小松島市を中心に鳴門市・徳島市・阿南市周辺に建物を所有していて、屋根修理に頭を悩ませている方は、ぜひ参考にしてください。


□洋瓦の種類とその魅力


洋瓦には主に「S型」「F型」「M型」という三つの形状があり、それぞれに独自の特徴があります。


1:S形瓦


S形瓦は、その名の通りS字型の形状をしており、Spanishの頭文字から名付けられました。

丸みを帯びたデザインが特徴で、建物に立体感と高級感を与えます。

また、形状により空気層が生まれ、通気性や断熱性に優れています。


2:F形瓦


F形瓦、または平板瓦とも呼ばれるこのタイプは、Flatを意味します。

凹凸が少ない平坦な形状で、洋風の建物だけでなく和風の建物にもマッチします。

さらに、太陽光パネルとの相性も良い点が魅力です。


3:M形瓦


M形瓦はM字型の形状をしており、波形瓦やふた山瓦とも称されます。

比較的軽量で取り扱いやすく、さまざまな屋根スタイルに適用可能です。


これらの種類を理解することで、建物の屋根に最適な洋瓦を選ぶ手助けとなるでしょう。




□洋瓦補修の基本とは?


洋瓦の補修には主に「塗装」と「葺き替え」という2つの基本的な方法があります。

これらの方法は、洋瓦の状態や建物の特性によって異なります。

ここでは、それぞれの方法の詳細と注意点を解説します。


1:塗装


塗装は、セメント瓦の表面の塗膜が劣化した際に行う一般的な補修方法です。

塗膜の劣化は、瓦の欠落や落下の原因となり得るため、定期的な塗装は必須です。

具体的には、10年に1度の再塗装が推奨されています。


塗装のプロセスは、まず瓦の表面の状態を確認し、必要に応じて高圧洗浄機で汚れや古い塗膜を除去します。

特にモニエル瓦のようなセメント瓦では、着色のために塗られたスラリー層を除去することが重要です。

新しい塗料を塗る前に、古いスラリー層を綺麗に取り除くことで、塗膜の剥離を防げます。


2:葺き替え


セメント瓦の寿命は約20年と比較的短く、時間の経過とともに表面的な割れや損傷を超えたダメージを受けることがあります。

こうした場合、塗装だけでは不十分で、葺き替えが必要になります。


葺き替えは、既存の瓦をすべて取り除き、新しい屋根材に交換する作業です。

ここで、長期的な視点から考えると、寿命が長くメンテナンスが少ない金属屋根や軽量の瓦への交換がコストパフォーマンスの面で優れています。

これにより、長期間にわたり屋根の美しさと機能性を保つことが可能になります。


□まとめ


洋瓦は、その美しさと機能性で多くの建物で採用されていますが、適切なメンテナンスが重要です。

本記事で紹介した種類の理解と補修方法を活用し、美しい屋根を長く保ちましょう。


小松島市を中心に鳴門市・徳島市・阿南市周辺に建物を所有している皆様、屋根の修理やメンテナンスに関してご質問があれば、お気軽に当社までお問い合わせください。

閲覧数:14回0件のコメント

Comments


bottom of page